抜け毛、薄毛対策のリーブ21 > 発毛大辞典 > 髪にやさしいレシピ > 五目ちらしずし

髪にやさしいレシピ

印刷する
2017
本日のメニュー:

五目ちらしずし

ジャンル:

和食

DATA:

3月3日

五目ちらしずし

材料

【4人分】

(すし飯)
・米2合
・昆布3cm
(A)
・酢大さじ3
・砂糖大さじ2
・塩小さじ1弱
(かんぴょうとしいたけ煮)
・かんぴょう(乾燥)15g
・干ししいたけ3枚
・砂糖大さじ1・2/3
・しょうゆ大さじ1
・だし汁(または干ししいたけの戻し汁)250ml
(花れんこん)
・れんこん50g
(B)
・砂糖小さじ2
・酢小さじ2
・塩少々
・水大さじ1・1/2
(錦糸卵)
・卵2個
・砂糖大さじ1/2
・塩少々
・サラダ油適宜
えび12尾
(C)

作り方

  1. (1)米は洗って水、昆布を加えて30分間浸漬させます。水加減し、昆布を入れて炊きます。炊き上がったらすぐにボウルに取り出し、(A)のすし酢を回しかけ、すし飯を作ります。
  2. (2)干ししいたけは水で戻し、かんぴょうは水でサッと洗って塩(分量外)もみをした後、水洗いし、さらに水をかえて戻します。だしでやわらかくなるまで煮、砂糖、しょうゆを加えて汁気が無くなるまで煮ます。かんぴょうは1cmの長さに切り、しいたけは2等分に切ってから薄切りにします。
  3. (3)れんこんは花形にむき、2~3mmの厚さに切ります。酢(分量外)を加えたお湯でゆで、(B)に漬けます。
  4. (4)卵を溶きほぐし、砂糖、塩を加え、こします。卵焼き器(またはフライパン)を熱し、サラダ油をひいて薄焼き卵を作り、千切りにして錦糸卵にします。
  5. (5)えびは塩(分量外)ゆでし、殻をむき、(C)をふりかけます。
  6. (6)あなごは食べやすい大きさに切り、端の部分は、刻んでご飯に混ぜる用にします。
  7. (7)さやえんどうはゆでて、斜め2等分に切ります。
  8. (8)(1)のすし飯が温かいうちに、(2)、あなごの切れ端を混ぜ、器に盛ります。錦糸卵を全体に盛り、れんこん、えび、あなご、さやえんどうを飾ります。

ワンポイント

酢に含まれる酢酸が、疲労によって体内にたまった乳酸を分解して血行を促し、疲労回復を助けるといわれています。

調理時間

60分以上

難易度

普通

成分表

エネルギー換算単位:1人分換算

エネルギー(kcal)410
タンパク質(g)13
脂質(g)4.6
炭水化物(g)76.8
カルシウム(mg)51
リン(mg)208
鉄(mg)1.6
ナトリウム(mg)864
カリウム(mg)411
マグネシウム(mg)46
亜鉛(mg)1.8
銅(mg)0.29
ビタミンA(μg)80
ビタミンE(mg)1
ビタミンD(μg)0.7
ビタミンB1(mg)0.12
ビタミンB2(mg)0.18
ナイアシン(mg)2.6
ビタミンC(mg)9
コレステロール(mg)127
塩分(g)2.2
水分(g)138.1
灰分(g)3.4
レチノール(μg)74
カロテン(μg)47
食物繊維(g)2.7
マンガン(mg)0.82
ビタミンK(μg)8
ビタミンB6(mg)0.17
ビタミンB12(μg)0.8
葉酸(μg)44
パントテン酸(mg)1.31
飽和脂肪酸(mg)1.12
一価不飽和脂肪酸(mg)1.58
多価不飽和脂肪酸(mg)1.07
  
  • 前の日のレシピへ
  • 当月のレシピ一覧へ
  • 次の日のレシピへ