発毛専門 リーブ21 > 発毛の実績 > 発毛日本一コンテスト > 受賞者の声 第15回発毛日本一コンテスト 第4位

受賞者の声 第15回発毛日本一コンテスト 第4位

第15回発毛コンテスト 第4位 近藤 恭子さん

エントリーNo.36近藤 恭子さん

年齢: 88歳 性別: 女性 梅田O.C

髪は女の命と思います

コンテスト終了後に会場にて受賞者の方へのインタビューした内容になります。
プライバシー保護のため仮名を使用しています。

脱毛していた頃の気持ちを教えてください。

すごく嫌でした。本当に髪の毛が薄くてパーマをあててもすぐとれるし、セットしても美容院から帰ってきたらすぐ取れる状態でしたので、いつも帽子を被っていました。
スポーツジムでは、帽子が被れないのでスカーフでごまかしていました。

年だからという諦めはありましたか?

それはありました。今まで辛抱したんだから、もうカツラをやめとこうとか思ったのですが、娘から「ずっと悔いが残るから頑張ってほしい」と言われ、オーダータイプのカツラを沢山買いました。
しかし、部分カツラだと自分の髪の毛と色が一致しないこともあり、もう本当辛かったですね。

発毛を実感されたのは、どんな時ですか?

通いだして三カ月目くらいで、娘から「お母さんボリューム出てきたね」と言われました。そうかなーと思い、頭をなでると「本当だ!感触が違う」と思い、嬉しくてもっと頑張りました。

髪が生えたことで、自分の変化を感じたりしますか?

明るくなり、オシャレとかが楽しくなりました。

近藤さんにとって髪ってなんですか?

女の命と思います。顔も、髪形で全然違いますもんね。だから髪は大事だと思います。

[スタッフも交えて]最初来店された時どんな様子でしたか?

(スタッフ)最初は今より元気が無いような感じでした。

効果が出始めて、どこか変わられましたか?

(スタッフ)どんどん明るくなって、本当に華やかになられたと思います。

「発毛」を本気で考える方のために 発毛実感コース

PAGE TOP