男性の薄毛について

薄毛とは

抜け毛の要因、原因を解消できないため、さらに抜け毛が増え、分け目、前頭、頭頂部位などの髪の密度が低下した状態です。他にも心理的要因でヘアサイクルが乱れ、髪が成長しきれずに細く短くなって、薄毛になるものもあります。
いずれにせよ、このまま進行すると地肌が露出した、いわゆる脱毛状態になります。

薄毛のタイプ

AGAの薄毛進行度合いの目安として、「ハミルトン・ノーウッド分類」というものがあるのをご存じでしょうか。アメリカの医師、ハミルトンとノーウッドが定義したもので、頭頂部から薄毛になっていくO型タイプ、生え際から後退していくM型タイプ、前頭部から後退していくタイプを薄毛の進行度合いによって1~7に分類されています。

薄毛のタイプ

薄毛の7大原因

遺伝
薄毛は遺伝するとよく言われますが、薄毛そのものが遺伝するわけではなく、受け継がれるのは男性ホルモンの過多、皮脂の分泌過剰など、「薄毛になりやすい体質」です。
ホルモン
男性型脱毛には男性ホルモンが深く関わっています。女性の場合も、加齢やストレスなどによってホルモンバランスが崩れ、女子男性型脱毛が起こり得ます。
血行不良
毛球部にある毛乳頭は、毛細血管から栄養を吸収し、毛母細胞に補給します。血管が収縮したり、流れる血液の質が低下すると、髪の元となる毛母細胞への栄養補給に問題が起きて、薄毛を招く原因になります。
ストレス
人間の器官のほとんどが自律神経によってコントロールされています。ストレスを放置すると自律神経のバランスが崩れ、体のあらゆる臓器や器官に悪い影響を及ぼします。毛母細胞や毛乳頭、頭皮全体も例外ではありません。
食事
インスタント食品や加工食品は、ビタミン、ミネラル、酵素など多くの栄養素が不足、あるいは破壊されていて、バランスのよい食品とは言えません。また、動物性タンパク質の摂りすぎは、血液の質の低下にも繋がります。
生活習慣
運動不足や睡眠不足が健康によくないのは言うまでもありません。また、寝ている間は皮膚や骨に血液が多く流れるので、睡眠時間が短ければそれだけ髪も成長しにくくなってしまいます。
シャンプー、パーマ、カラーリング
石油合成系界面活性剤を含むシャンプー剤は、頭皮や髪を傷める可能性があります。
また、パーマやヘアダイによって、接触性皮膚炎(かぶれ)を起こすことがあります。軽度なかぶれでも湿疹や皮膚炎が長期にわたると、その障害が毛球部にまで波及して脱毛の原因になることもありますので、注意が必要です。

あなたは大丈夫?全国薄毛リスク調査

※ 調査実施日:2018年8月8日~8月9日
※ 対象:全国の20~60代の男女、各都道府県50人ずつ(計2,350人)

  • あなたは将来薄毛になることを不安に思いますか?
  • 現在ご自分の薄毛について悩みをおもちですか?
  • 1日でヘアケアにかけている時間は?
  • 現在パーマやヘアカラーなどをしていますか?
  • 1週間で何日お酒を飲みますか?
  • 強いストレスを感じることはよくありますか?
将来薄毛になることを気にしている人は約34%
3人に1人の方が薄毛になることを気にされています。以前と比べて髪の量や質が変化してきたと感じる方や、遺伝で将来に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
およそ2人に1人が薄毛について悩んでいたり、気にしている
日本の総人口のうち、およそ4,000万人の人たちが薄毛に悩まれているというデータがあります。(リーブ21調べ)
「抜け毛が増えてきた」という方から「頭皮が露出している」という方までお悩みは様々ですが、多くの方が髪の悩みを抱えています。
ヘアケアにかける時間5分以内の方が半数以上
シャンプーを含む髪の毛、頭皮ケア全般の時間ですから、毎回の洗髪で汚れや過剰な皮脂をきちんと取り除けているのかが不安な結果です。予洗から始め、地肌をマッサージするように洗い、冷温水での血行促進まで、時間をかけて丁寧にシャンプーしてください。
パーマやヘアカラーをしている人は46%
おしゃれでされる方はもちろん、毛量が少なくなり、パーマでボリュームを出している、白髪染めをしているなど、髪や頭皮に負担がかかると言われてもなかなか止められないものです。パーマやカラーリングはキューティクルが開くため、髪の成分が流れ出しやすくなります。また、薬剤によって髪や頭皮がアルカリ性に傾いてしまうので、いち早く弱酸性に戻すことも大切です。
ほぼ毎日お酒を飲む人は24%
回数だけではなく摂取量も影響しますので、毎日お酒を飲むことが悪いとは言い切れません。お酒の飲み過ぎは内臓に負担がかかり、血液の質も悪くなってしまいますので、休肝日を設けたり、アルコールとお水を半分半分で交互に飲むなど、工夫して飲むようにしましょう。
50%以上の方がストレスを感じている
ストレスの原因は何も精神的なものに限りません。睡眠時間が短い、バランスの悪い食事、悪いと思いつつ止められないタバコやお酒、一日中座りっぱなしのデスクワークや肉体労働…。体の歪みや急激な温度の変化、天候などでも私たちは知らず知らずのうちに大なり小なりのストレスを自分自身に与えてしまっているのです。自分ならではのストレス解消法を見つけ、ストレスのダメージを軽減する工夫をしましょう。

わたしたち、薄毛が解消し
正真正銘自分の髪が生えました!
悩みが喜びに変わったお客様の声をご紹介

悩みが喜びに変わったお客様の声をご紹介

お客様の改善例一覧を見る

まずは体験プラン

発毛を実感
してください!

今すぐ体験プランに申込む

今すぐ体験プランに申込む

▼タップすると電話がかかります

0120-783-6400120-783-640

無料カウンセリング無料カウンセリング

店舗検索店舗検索

このページのトップへ戻る