男性の抜け毛について

ヘアサイクル(毛周期)

髪にはヘアサイクル(毛周期)という周期があります。一定期間成長したあとで、自然に抜け落ち、新しい髪に生え替わるサイクルです。1年に1~2回、一度に多くの毛や羽が生え変わる動物や鳥などとは違い、人間はモザイクタイプと呼ばれる毛周期で、それぞれの毛包が独立した毛周期を持っています。男女で若干の差はあるものの、健康的な髪の毛周期はだいたい4~6年です。

ヘアサイクル(毛周期)

「成長期」
毛母細胞が分裂を繰り返す期間で、通常、男性は4~5年、女性は5~6年です。
女性ホルモンには髪の成長を促す作用があるので、一般的には女性の方が長くなっています。また、通常は毛髪全体の85~90%が成長期にあると考えられ、毛周期のほとんどが成長期にあたります。
「退行期」
毛母細胞の細胞分裂が停止し、毛乳頭や毛母細胞の増殖スピードが急速に落ちるのがこの時期で、毛球部は収縮し、表皮に向かって移動し始めます。髪が自然に抜けるまでの準備の期間となります。この期間は2~3週間で、男女での差はありません。
「休止期」
完全に髪の成長が止まり、次に生えてくる髪が出番を待っていて、古い髪はいつ抜けてもいい状態になっています。この時期の毛乳頭は 毛根部分から離れていて、新たな髪を成長させる準備を始めています。休止期はおよそ3~6カ月です。

毛周期と抜け毛

日本人の頭髪は約10万本とされていて、個々に毛周期があるため、1日の抜け毛の量はバラつきはあるもののほぼ一定の範囲内で、その本数は平均50本前後になります。通常、シャンプー時に抜ける本数は1日の60%だと考えられますが、その他は気づかないうちに抜けてしまっている場合がほとんどでしょう。

頭髪の数が10万本としたとき

<毛周期が4年の場合の1日の抜け毛の目安>
100,000本÷(365日×4年)=68本

<毛周期が5年の場合の1日の抜け毛の目安>
100,000本÷(365日×5年)=54本

<毛周期が6年の場合の1日の抜け毛の目安>
100,000本÷(365日×6年)=45本

抜け毛の数にはバラつきがあり、1日に80本抜ける場合もあり得ますが、100本を超えると注意が必要です。また、抜け毛の数は秋に多くなる傾向があります。

ストレスと抜け毛

ストレスと抜け毛

強いストレスを受けると、その人の身体の弱いところに影響が出やすくなります。肌の弱い人であれば肌荒れや湿疹など、胃の弱い人であれば胃痛や胃潰瘍など、身に覚えのある方も多いのではないでしょうか。髪にその影響が出れば、抜け毛や薄毛を促進させてしまうことになります。そのわかりやすいケースが円形脱毛です。人によって1 カ所だけしかできないケースもあれば、数カ所に直径1センチくらいの円形の脱毛が起こるケースもあります。

ストレスによって自律神経がバランスを崩し、ヘアサイクル(毛周期)が乱れると脱毛することになります。

薄毛や脱毛に繋がる抜け毛

薄毛や脱毛に繋がる抜け毛

ブラッシングやシャンプーなどで自然に抜け落ちた髪の中に細い髪や短い髪が多く混ざっていると注意が必要です。短い抜け毛というのは、成長期をまだ終えていないのに抜け落ちていることになります。そして、細い抜け毛の場合は毛根が活力を無くして太い髪を生やすことができないことを物語っています。どちらにしろ、毛根全体に活力を取り戻すことが必要です。また、男性ホルモンであるディハイドロテストステロン(DHT)が原因とされる男性型脱毛(AGA)の初期には、髪が通常の毛周期よりも早く休止期に入って脱毛するため、太く長い髪が抜けますが、進行してくると毛包が縮小し、抜け毛が目立たなくなるほど細く短い髪になっていきます。

わたしたち、抜け毛が止まり
正真正銘自分の髪が生えました!
悩みが喜びに変わったお客様の声をご紹介

悩みが喜びに変わったお客様の声をご紹介

お客様の改善例一覧を見る

まずは体験プラン

発毛を実感
してください!

今すぐ体験プランに申込む

今すぐ体験プランに申込む

▼タップすると電話がかかります

0120-783-6400120-783-640

無料カウンセリング無料カウンセリング

店舗検索店舗検索

このページのトップへ戻る