発毛研究の実績彩都ライフサイエンスパーク・リーブ21毛髪研究所

「リーブ21毛髪研究所」では、
遺伝子工学や生化学的手法を駆使し、
最先端の研究を進めています。

40年に及ぶ研究成果を結集したリーブ21の発毛システムは、さまざまなタイプの薄毛や脱毛に大きな成果をあげています。私たちはこれに慢心することなく、さらなる「発毛」を追究しつづけています。大阪北部の彩都ライフサイエンスパーク*1)にある「リーブ21毛髪研究所」では、遺伝子工学や生化学的手法を駆使し、最先端の研究を進めています。

研究所で得られたデータを
スピーディに反映

リーブ21の自社研究所は2005年に開設しました。毛髪に特化した研究を自社の研究室で行う一方で、多くの大学との共同研究を通し、さまざまな分野の知見を広めてきました。また、研究所とお客さまとの直接的な関わりでは、毛髪中のミネラル濃度を測定する「毛髪分析」があり、その結果は、食生活改善のアドバイスに活用されています。リーブ21では、新たな研究成果を速やかに商品化し、お客さまのもとへお届けするための商品開発体制も整えています。研究所で得られたデータは商品改良や新商品開発にスピーディに活かされる体制となっています。

*1)彩都ライフサイエンスパークは、大阪北部地域におけるバイオクラスター形成の中核を担うリサーチパークです。

2005年3月に大阪府茨木市に
自社研究所を立ち上げました

2005年4月1日、大阪府茨木市の彩都ライフサイエンスパーク内に自社研究所を立ち上げました。開設当時は、小さなバイオベンチャーがいくつかあるだけでしたが、ここ10年で大企業や公的な研究所も建ち並ぶ巨大なリサーチパークに変貌を遂げました。そういった周囲の環境にも刺激を受け、リーブ21毛髪研究所における研究テーマも日々刻々変化しています。いくつかその研究内容をご紹介します。

AGA(男性型脱毛)にも
重点をおいた研究

脱毛にはさまざまなタイプがあり、AGAと呼ばれる男性型脱毛症であっても実際の症状は人によって大きく異なります。男性ホルモンが多いとAGA(男性型脱毛)になりやすい、というイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし一般に男性ホルモンとよばれるテストステロンは、それほど脱毛に悪影響を及ぼしません。テストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって活性の強いディハイドロテストステロンに変換されると、そのディハイドロテストステロンが毛乳頭内の受容体と結合し脱毛を引き起こすのです。つまり、テストステロンが多くても、ディハイドロテストステロンにならなければAGA(男性型脱毛)は起きにくいと言えるわけです。こういった脱毛のメカニズムに注目し、5α-リダクターゼの阻害や男性ホルモンと毛乳頭内の受容体の結合阻害といった多面的な視点からアプローチし、AGA(男性型脱毛)を防ぐ素材探索を行っています。

AGA(男性型脱毛)でお悩みの方はこちらAGA(男性型脱毛)でお悩みの方はこちら

天然自然のエキスから
有効成分を見いだす研究

天然自然のエキスから有効成分を見いだす研究です。
例を挙げて簡単に説明しますと、大豆にはイソフラボンというフラボノイドが含まれており健康に良いと多くの人が認知されていると思います。大豆という身近な食品の中から特別な機能を持つ成分イソフラボンを見いだすというような研究アプローチを発毛・育毛に関する視点で行っています。

リーブ21ではこれまでの
多くの研究成果を基に
独自の商品を開発しています

自社での研究

自社での研究と学会発表

自社研究所では、多種多様の植物エキスなどのスクリーニングを細胞試験や遺伝子発現、また毛包器官培養等の手法を用いて行っています。これらの結果を踏まえ、商品改良を行い、知見がまとまった際には、学会発表を行うなどして情報の発信に努めています。

2009年7月 神戸ポートアイランドにある
TRI(神戸臨床研究情報センター)に研究所開設

毛包組織の構築といった毛髪メカニズムの基礎研究にも力を入れることにしました。自社でこのような基礎研究を取り組むきっかけとなったのが、アカデミアである大学との共同研究です。次に、これらの共同研究実績をご紹介します。
※現在は彩都バイオヒルズセンター内に移転

大学との共同研究

京都大学との共同研究

毛包組織の一部である内毛根鞘の分子メカニズムに注目し、ヘアサイクルにおける毛包形成の解明に取り組みました。その成果は、論文*2)や特許出願にまとめられました。

金沢大学との共同研究

頭髪の遺伝子発現の差に注目し、脱毛症の判定に活用できるマーカーの探索研究を行い、特許出願に至りました。

京都産業大学との共同研究

毛乳頭細胞内のある酵素に注目し、論文2報*3) 4)がアクセプトされました。

近畿大学との産学連携

商品開発に関する共同研究も行っており、多数のメディアで取り上げていただいたのでご記憶の方も多いと思いますが、ブロッコリースプラウトに育毛作用を発見しました。この成果は、「髪皇すぷらうと」という商品になり、産学連携で生み出された商品として、近畿大学でもたびたびメディアに紹介いただいています。

最近の研究内容

学会発表|日本生薬学会 第65年会

頭皮老化における黒ショウガエキスのアンチエイジング作用(白髪予防・改善作用および育毛作用)

共同研究先
-

近年、アンチエイジングへの関心が高まっており、頭髪に関しても、その主な老化現象である「白髪」や「薄毛」に対する改善療法の開発が望まれています。私達は、タイ原産の黒ショウガの抽出物に、毛髪の黒色の原料となるメラニンの蓄積促進作用、およびメラニン産生調節因子であるチロシナーゼ酵素の活性作用があることを発見しました。
また、薄毛の要因とも言われる男性ホルモンに対しても、その受容体との結合を阻害する作用があることが確認されました。このことから、黒ショウガは白髪や薄毛など、頭皮の老化現象に対する幅広いアンチエイジング作用を持つ、有用な薬用資源であることが示唆されました。

学会発表|第72回 日本公衆衛生学会総会

脱毛症における毛髪中有害ミネラルの含有量

共同研究先
近畿大学

私達はこれまでに女性の脱毛症とそれ以外の毛髪中ミネラル量を分析し、脱毛症において有害ミネラルの蓄積量が多い傾向にあることを把握していました。
そして今回の発表で、新たに男性脱毛症2,646 名についても同様の解析を行ったところ、男性・女性ともに脱毛症の毛髪において有害ミネラルの蓄積量が多い傾向にあることを見出しました。
今後はこの有害ミネラルがどのように脱毛に関与しているかを調査していく予定です。

学会発表|日本薬学会 第134年会

ブロッコリースプラウトエキスによる育毛作用

共同研究先
近畿大学

毛乳頭細胞は頭皮に張り巡らされた毛細血管と接し、毛母細胞との相互作用によって毛髪成長を司る重要な細胞です。私達は抗酸化食物として注目されるブロッコリースプラウトに、この毛乳頭細胞の分裂促進作用があることを発見しました。
さらに、その細胞内において毛髪成長に関わる遺伝子VEGFやBMP4が活性化することを確認しました。
本発表は、日本薬学会第134年会において、報道機関向け講演ハイライトに選出されました。

学会発表|日本薬学会 第136年会

抗男性ホルモン作用を介したウーロン茶エキスの育毛効果

共同研究先
-

AGA(男性型脱毛)が薄毛や抜け毛を誘発する原因の一つが男性ホルモンです。私達は、ウーロン茶由来の抽出物に多面的な抗男性ホルモン作用を介した育毛効果があることを明らかにしました。抗男性ホルモン作用として、薄毛の原因とされる男性ホルモン活性化酵素「5α-リダクターゼI型・II型」の両方の阻害、男性ホルモン感受性細胞におけるテストステロンの「男性ホルモン受容体への結合阻害」、そして男性ホルモン処理マウスへのウーロン茶エキス塗布による「毛成長促進作用」を確認しました。

研究成果を活かした製品群

リーブ21毛髪研究所 所長 / 都築 啓晃
リーブ21毛髪研究所 所長 / 都築 啓晃

商品に貢献する
ための研究開発を心がけています。

リーブ21毛髪研究所 所長 / 都築 啓晃

「植物由来の天然成分を活用すること」が弊社の開発方針となっています。
これら天然の成分をもとに発毛およびアンチエイジングを目的とした科学的アプローチを行い、研究開発を通してお客様に「健康」という付加価値を提供したいと考え、商品開発に貢献するための研究を心がけています。

リーブ21毛髪研究所は、
よりよい商品やサービスの提供を
目指していきます。

リーブ21と近畿大学が共同で行なった調査では、生活習慣がAGAに影響を及ぼすことが示唆されました。「脱毛は遺伝する」「遺伝するから何をしてもハゲる」そういった間違った思い込みで、諦められる方は多いと思います。科学は日々進化しています。さまざまなアプローチで脱毛に向き合うことで、リーブ21はお客さまに満足していただけるよう努めていきます。生活習慣や有害ミネラルの研究、毛髪の基礎研究、動植物エキスのスクリーニングを通して、リーブ21毛髪研究所は、よりよい商品やサービスの提供を目指していきます。

リーブ直販を見る

このページのトップへ戻る