企業概念

世界中の脱毛に悩む人々を自信と喜びの人生に変えていくと同時に、全従業員の物心両面の幸福を追求する

私が毛髪クリニックリーブ21を創業した理由

日本国内で抜け毛や薄毛、脱毛を気にしている方は、約3,960万人以上います。(※2015年7月リーブ21調べ)
みなさんは、脱毛した人の約半数が他人には言えない大変な苦しみを味わっている、ということをご存じでしょうか。
私は発毛を通じてそんな人たちを苦しみから解放し、一人ひとりの人生を明るく変えたいという思いから、1976年より研究をスタートさせました。
そして '93年、あらゆるタイプの脱毛に対応できる発毛理論と技術を確立し、会社を設立したのです。

毛髪クリニック【リーブ21】社名由来

リーブ21(Reve21)という社名は復活するという意味の“Revive”(リバイブ)に由来しています。
髪を復活させ脱毛に悩むすべての人々に喜びと自信を復活させたいという思いを込めて、21世紀を担う企業を目指しています。

自然・天然 人にやさしい髪元気

リーブ21は、”自然・天然”を基本かつ最も重視する考え方で、モノづくりや技術、トータルシステムなどを研究し、開発をつづけて
います。
それは創業以来、一貫して変わることのないポリシーでもあります。
最近では化学合成系、医薬品をはじめ、食品の中にも色々なかたちで化学合成されたものが身体の中に入り込んでいます。
もちろん自然界のものがすべて安心で化学合成系のものがすべて毒とは限りません。しかし、基本的には私たちの身体は、天然・自然のものに馴染みやすく、化学合成系のものに馴染みにくくなっています。
リーブ21は、人間誰もが本来持つ生命力や自然治癒力を最大限に引き出しながら身体を健康にし、心を健やかにする、自然で理にかなった考え方、方法ですべてのお客さまの”髪元気”に取り組んでいます。そして”髪元気”からはじまる、より豊かな人生の歩みに可能な限りの貢献をつづけたいと考えています。