感染症の後遺症による脱毛の悩み 無料相談

医療機器事業部:頭皮冷却装置「セルガード」について

Vol.12髪はどこまで伸びるのか?

日本人の髪の毛は、標準的には1日に0.3~0.4mm伸びるとされていて、平均では3日で1mm、1ヶ月で1cm、1年で12cm伸びることになります。ショートヘアを腰あたりまで伸ばすなら 4~5年もかかることになります。「私はもっと早く伸びるかも。」と思ったあなたは、髪の伸びるスピードが速いと考えられます。また髪は、女性ホルモンの影響で、男性より女性のほうが早く伸びるといわれています。

髪が伸びるには?

イラスト:標準で1日に0.3~0.4mm伸びる皮膚の表面には古い角質があります。 女性はよくご存じでしょうが、これがいつまでも残っていると、お肌がくすんで見えたり、お化粧のノリが悪くなったり…。 古い角質が新しい細胞と入れ替わるサイクルを「ターンオーバー」といいます。1サイクル約28日。この日数は年を重ねるとともに増えていきます。髪も皮膚の一部ですので、加齢によって伸びるスピードは遅くなります。ところで、髪の伸びるスピードを決定しているものに増殖因子があります。これは細胞から分泌される小さなタンパク質。しかし、どの増殖因子がスピードに影響しているかはまだはっきりとしていません。

髪はどこまで伸びる?

髪は伸ばしたままでいるといったいどこまで伸びるでしょうか。 ヘアサイクルの成長期は長くても7年程度ですので、伸ばしっぱなしでも90cmほど。ところが、ギネスブックによると、世界一長い髪の持ち主はタイの人で、515cmもの長さだそうです。髪が5mを越すには、約40年もの年月がかかりますから、この人は髪の成長スピードが速く、成長期が長期間続いた超人ですね。

イラスト:女性の方が早く伸び、加齢によって伸びる速度は遅くなります

発毛コラム一覧に戻る

このページのトップへ戻る