頭皮冷却装置<セルガード>

トピックス

2020年10月22日~10月24日
第58回癌治療学会学術集会
・頭皮冷却装置「セルガード」展示
・学術セミナー 10月24日(土)12:10~ グランドプリンスホテル京都 第7会場
2020年10月9日 16:00 ~ 2020年10月31日 18:00
第28回日本乳癌学会学術総会 Web開催参加 (バーチャル展示・Webセミナー)
2020年7月10日
Cell Guard 頭皮冷却装置<セルガード>記者会見

リーブ21の思い

日本の患者様のために、
日本で初めて完成した
頭皮冷却装置です。

抗がん剤治療を受けられる患者様の大きな悩みの1つに脱毛があります。
特に女性の患者様にとって髪が抜け、薄毛・抜け毛に至るという悩みは大きく、QOL(クオリティ オブ ライフ)向上の面からもその改善策が求められていました。
創業以来「発毛」の研究をつづけているリーブ21では、長期にわたり、この課題の解決に取り組んできました。
そして国内で治験を重ね、このたび日本企業として初めて薬物療法時の脱毛を抑制する頭皮冷却装置「セルガード」を完成いたしました。

抗がん剤治療の副作用による
脱毛の悩みがなくなることを
目指し
開発いたしました。

私たちリーブ21は、髪に悩む人々に、心底喜んでいただけることを願い、
新商品や新技術の研究・開発を創業以来、継続してきました。
そして、その成果の一つがCell Guard<セルガード>頭皮冷却装置です。抗がん剤投与による副作用に悩む患者様の、お役に立てることは、私たちの大きな喜びであり誇りでございます。

株式会社 毛髪クリニックリーブ21
代表取締役社長 岡村勝正

各方面から注目される
頭皮冷却装置

頭皮冷却装置とは

抗がん剤の投与時(投与の前後を含む)に、患者様に冷却ユニットと連動したキャップを着用していただきます。
シリコンキャップ内を巡る冷却液が頭部を冷却させることで血管を収縮させ、血流を抑制する装置です。

なぜ、
頭皮冷却装置が必要なのか

以前より頭皮を冷やす様々な方法が試されてきました。
「薬剤塗布法」「砕氷で冷やす」「ゲルキャップ凍結法」「クーリングシステム法」などがありました。
しかし、どの方法も効果を実感するには時間と手間がかかり、多くの患者様にとって継続して使うことが困難なものでした。
そこで、
海外から頭皮冷却装置が開発、販売されましたが、「言語の違い」「使用方法の複雑さ」「海外輸入品であるためにメンテナンスの問題」「日本人と西洋人の頭部形状の違い」など、日本で使う上での様々な問題から普及には大きな壁があり、次第に日本国内での開発・設計・製造・販売する事への要望が高まりました。

長年、毛髪の研究と発毛促進サービスを専門にしているリーブ21では患者様の声を受けて、頭皮冷却装置<セルガード>の開発に長い年月を費やし完成に至りました。

髪の構造

毛母細胞は人の細胞の中で最も分裂の速度が速い細胞の一つになります。
化学治療にて毛包がダメージを受けた場合、約2週間で脱毛が始まります。
頭皮冷却装置は、この脱毛の流れを止めていきます。
毛包への血流を減少させることで、脱毛を最小限に抑える事ができます。
これにより、化学療法施行時における頭部の冷却は、頭皮の血流低下に加えて、毛球部全体の代謝活性を低下させることで、さらに脱毛を抑制することが期待できます。

リーブ21の頭皮冷却装置
セルガードの特徴

頭部を冷やすことで
血流を抑制し、
ダメージを軽減

リーブ21のセルガードは、抗がん剤投与時に冷却ユニットと連動したキャップを着用していただき患者様の頭部を冷却する装置です。
シリコンキャップ内を巡る冷却液が、頭部を冷やすことで血管を収縮させ、頭皮の血液の流れを抑制。さらに頭皮内の毛乳頭細胞、毛母細胞、毛根鞘細胞などの各細胞に対する抗がん剤の影響を低減・抑制し、抜け毛、脱毛を予防します。

二人同時に使用しても
余裕の低温保持性能

冷却キャップ内に冷却液を巡らせる冷却機は、余裕のあるハイパワータイプを搭載。2人の患者様に同時に使用しても、安定した低温の保持を可能にしています。この冷却機は本装置の心臓部であり、重要なポイントになっています。

日本語表記で使いやすい
操作パネル

操作パネルは、どなたでも簡単に使用できるように日本語表記のタッチパネル式を採用。フレンドリーなインターフェイスで、直観的にもご使用いただきやすくなっています。

頭部にやさしくフィットする
冷却キャップ
(頭皮密着システム)

セルガードキャップは3つのキャップを重ねることで、
より治療効果が向上します。

隙間なく頭皮を冷やすためのインナーキャップ隙間なく頭皮を冷やすためのインナーキャップ

頭皮と冷却キャップの密着性をさらに高めるため、独自のインナーキャップを採用。 冷却効率を上げていきます。

日本人の頭部の形にフィットする冷却キャップ日本人の頭部の形にフィットする冷却キャップ

日本人(アジア人)の頭部サイズを集めて開発した、シリコン性の冷却キャップ。
細かく張り巡らされた冷却液が、安定した低温を維持します。

アウターキャップでしっかり固定アウターキャップでしっかり固定

アウターキャップには下を向いても固定する顎ベルト付。
治療中、読書やスマートフォンを使えます。

装着方法

1. インナーキャップ

前頭部側に印がついておりそちらを前に装着致します。
(装着方法は担当者・購入時に説明もさせていただきます。)

2. シリコンキャップ

インナーキャップの上にかぶらせてください。

3. アウターキャップ

ベルトには「アゴ当て」がついています。
アゴ紐を引っ張って固定してください。

医療機器情報

種別 機械器具 12 理学診療用機具
一般的名称 冷却療法用器具及び装置(36758000)
医療機器分類 管理医療機器、特定保守管理医療機器
販売名 頭皮冷却装置 セルガード
承認番号 30200BZX00074000
定格電源 AC100V 50/60Hz
電源入 1,400VA
寸法(キャップハンガーを除く) 幅625×奥行780×高さ1,150mm
重量(冷却液を除く) 140kg
冷却液タンク容量 14L

キャップサイズ

インナーキャップ S、M、L (ミントグリーン)
シリコンキャップ S、M、L (無色)
アウターキャップ S、M、L (ライトブルー)

長期間ご使用にならない場合は、必ず電源プラグを壁コンセントから抜いてください。

頭皮冷却装置<セルガード>に関するお問い合わせは頭皮冷却装置<セルガード>に関するお問い合わせは
06-4794-2485

このページのトップへ戻る