抜け毛、薄毛対策のリーブ21 > 発毛大辞典 > 髪の基礎知識

髪の基礎知識

意外かもしれませんが、髪の毛や爪、
歯などは皮膚細胞が変化したものなのです。
私たちの体の全ての器官は新陳代謝を繰り返し、
新しく生まれかわることで全身を維持しています。
この髪が抜けたり、生え変わったりするしくみを
見てみましょう。

  • 髪はなぜ抜ける?
  • 正しいヘアケアしてますか?(頭皮に良いシャンプー法)
  • 抜け毛・脱毛の原因

髪はなぜ抜ける?

髪の毛は1カ月に1㎞も伸長する。

健康な成人の場合、表皮は28日周期で生まれ変わり、日々成長し変化する人の体のなかでも特に成長が早いとされる髪の毛は全体で1日約0.3mmほど伸びます。
一般的な髪の毛の太さは約0.08mm。頭皮1平方センチメートルあたり約180本の髪が生えていて、頭部全体では10万本くらいになります。その1本1本が、1日に0.3~0.4mmほど伸びます。わずかなようですが、1本にまとめると1カ月に約1kmも伸びることになります。
これだけ早く成長する細胞は他に類をみません。それだけに、体調の変化や栄養バランスの乱れ、ストレス、加齢による老化などの影響が即、現れてしまいます。健やかな髪のためには、その土台となる心身の健康が重要なのです。

健康な髪の毛の一生は約4~6年

人の髪の毛は約10万本。それが、約4~6年周期で生え変わります。髪の毛の一生のほとんどは「成長期」で、その間は毛母細胞がさかんに細胞分裂を繰り返し、髪が伸びつづけます。ところが、様々な原因によるトラブルが生じると、髪は次の新しい髪が生えてくる前に寿命を全うせずに抜け落ちてしまいます。これが、いわゆる「脱毛」です。

ヘアサイクル ? 髪の毛の一生 ?

  1. 成長期(約4~6年):毛母細胞がさかんに細胞裂し、髪が伸びつづけます。
    成長期(約4~6年)
    毛母細胞がさかんに細胞分裂し、髪が伸びつづけます。
  2. 退行期(約3週間):細胞分裂が止まり、髪の成長が止まります。同時に毛乳頭が萎縮し、毛球部は徐々に上部へ移動します。
    退行期(約3週間)
    細胞分裂が止まり、髪の成長が止まります。同時に毛乳頭が萎縮し、毛球部は徐々に上部へ移動します。
  3. 休止期(約3~6カ月):髪が抜けるのを待つ状態で、頭皮の奥では新しい髪が生える準備をしています。
    休止期(約3~6カ月)
    髪が抜けるのを待つ状態で、頭皮の奥では新しい髪が生える準備をしています。
  4. 自然脱毛:伸びてくる新しい髪に押し出されるように、古い髪は抜け落ちます。そして新しい髪が伸びてきます。
    自然脱毛
    伸びてくる新しい髪に押し出されるように、古い髪は抜け落ちます。そして新しい髪が伸びてきます。
  1. Point1 男性型脱毛では、成長期の短縮が比較的広範囲な部分ではじまり、脱毛していく。
  2. Point2 円形脱毛では、ある部分にかぎって急激に成長期から休止期に移行し、脱毛を生じる。

抜け毛の危険信号は1日に何本くらい?

「抜け毛の数が増えた」という悩みをお持ちの方は、たくさんいます。では、1日に何本以上抜けると問題なのでしょうか?
標準的な目安としては、1日に24時間で50~60本。これを超えると要注意! シャンプー時に30~40本抜ける分には問題のない範囲です。しかし、抜け毛が一日に100本以上になると毛根に何らかのトラブルが起きていると考えられます。

髪の毛は、巻き寿司状の3層構造

毛随質 / 毛皮質 / キューティクル

髪は、大きく2つの部分に分けられます。1つは、頭皮から外に出た目に見える部分で、これを「毛幹(もうかん)」といいます。この部分は角化した(細胞として死んでいる)組織ですので、一度傷つくと元には戻りません。
毛幹は巻き寿司のような3層構造で、一番外側が「毛小皮(キューティクル)」。瓦を重ねたような構造で、外からの衝撃から髪を守っています。中層の「毛皮質」は、タバコのフィルター状の構造で、髪のしなやかさやコシの強さは毛皮質のおかげ。髪の色を決めるメラニンもこの部分に含まれています。
そして中心部にあるのが泡のような構造をした「毛随質」です。

頭皮は、髪を成長させる畑のようなもの。

目に見える「毛幹」に対し、頭皮の中の3mmほどの部分に「毛根部」があります。髪の毛をつくり出す組織全体を毛包といいます。毛包の下部で毛母細胞が分裂・増殖することで髪は伸びていきます。毛包の下方で玉ねぎ状に膨らんだ毛球のなかに、毛乳頭(パピラ)があります。
毛乳頭は、毛細血管で運ばれてきた血液から必要な栄養を取り込み、最適な形に加工し、毛母細胞へ補給していると考えられます。
こうして増殖した毛母細胞は、上へ上へ押し上げられながら徐々に角化し、髪になっていきます。健康な髪の毛は健康な頭皮のなかで育っているのです。

頭皮の図

髪の99%はケラチン。

髪の約99%は「ケラチン」というたんぱく質でできています。これは約18種類のアミノ酸が結合してつくられたもの。
ケラチンには、硫黄のほか、微量のミネラルも含まれています。酸や熱には比較的強く、アルカリに弱い性質を持っています。

髪の毛は、デトックスの役割を持っている。

毒素 / 化学物質 / 不要金属

食事や呼吸などを通して、知らず知らずのうちに体内に溜まってしまう有害物質。髪の毛には、こうした体に不要な金属などの有害物質を体外に排出する役割があります。一定期間で抜けてしまう髪の毛は、有害物質を閉じ込め、排出するのに都合がいいわけです。
こうした排泄効果を維持するためにも、髪は健康に保ちたいものですね。

HAIR COLUMN - 髪の常識・非常識 -

[Check!] 頭皮が固いと薄毛になるの?

頭皮が固くなると、皮下組織が圧迫された状態になります。年齢にも関係しますが、正常な頭皮には適度な弾力がありますが、頭皮が固くなると、毛細血管や毛乳頭などの皮下組織が圧迫されて正常に機能することが困難になります。

[Check!] フケが多いのは大丈夫?

皮膚は通常約28日周期で生まれ変わります。フケは、頭皮表面の角質層が角化して剥がれたものです。体を洗ったときに出るアカと同じ。だから、フケが出ること自体は問題ありません。でも、大量にフケが出るのはターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れていることになります。できるだけ質の良い天然成分のシャンプーを選び、毎日洗浄して良くすすぐことはもちろん、他にも食生活を見直すことも大切です。

抜け毛防止プラン

PAGE TOP