現在位置:
リーブ21 > 発毛大辞典 > 役立つ髪の知識 > VOL.27 女性の脱毛

読んでビックリ 役立つ髪の知識

VOL.27 女性の脱毛

「薄毛の悩みは男性特有」との誤解があるようですが、リーブ21の会員様の2割は女性で、年々増える傾向にあります。これはストレス、ホルモンのアンバランス、過度のダイエット等が原因で、現代女性ならではの悩みです。
普段、薄毛の女性をあまり見かけないのは、帽子やカツラで隠し外出を控える傾向にあるためです。現代女性も主に以下の3つの脱毛で悩んでいるのです。

女性の脱毛

女子男性型脱毛

男性のように額や頭のてっぺんから髪が薄くなる脱毛で、"男性型脱毛"と非常によく似たもの。生理不順や更年期障害などでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になったときに起こります。

円形脱毛

ストレスなどによる自律神経失調から起こる脱毛。女性のほうがストレス過多、というわけではないのですが、男性に比べて円形脱毛になる傾向があります。
治療に根気がいるびまん性脱毛も女性に多く見られます。これはまばらに多数の毛髪が抜ける脱毛で、悪化すると、全頭脱毛(頭髪が完全に抜け落ちてしまう脱毛)に進行します。さらに進行すると、汎発(はんぱつ)性脱毛といって全身全ての毛が抜け落ちてしまい、極端に回復が困難な場合は難治性の脱毛になる場合もあります

産後脱毛

出産(前)後の脱毛です。妊娠するとホルモンのバランスが大きく変化します。このため、ヘアサイクルの成長期が長くなり、退行期にとどまっていた髪が抜けずに残ることがあります。

イラスト:ストレス、ホルモンバランス、過度のダイエット等が原因で、現代女性の脱毛が増える傾向にあります。

人によっては、ホルモンが正常な状態に戻る出産後、退行期のまま抜けずに残っていた髪が一気に抜けてしまいます。全体の20%が 1度になくなる人もあります。

時間の経過とともに治ることが多い脱毛ですが、場合によってはそのまま回復しないケースがありますので、自己判断は避けましょう。

リーブ21は、一人でも多くの髪の悩みを持っている女性のお役に立ちたいと思っています。 一人で悩んでいないでまずはご相談ください。
※ 東京日本橋、新宿、心斎橋にレディースO.Cがございます
※ その他O.Cにもたくさん女性がいらっしゃいますのでご安心ください

  • 前のコラムへ
  • 次のコラムへ

PAGE TOP