現在位置:
リーブ21 > 発毛大辞典 > 役立つ髪の知識 > VOL.15 いったん抜けた髪は生えてこない?

読んでビックリ 役立つ髪の知識

VOL.15 いったん抜けた髪は生えてこない?

「驚異の育毛剤!!」とマスコミが騒ぎ、ブームが起きたことが過去何回あったでしょうか?大概は一時的なもので、だんだんと消えていきます。事実「毛はえ薬を発明したらノーベル賞ものだ」と皮肉めいて言われているのが現状です。もちろん効果のある方もいるでしょうが、「万人に効く」とまではいかないようで、かつら・増毛・植毛等が大きな市場となりました。しかし、誰だって自然に自分の髪を取り戻したいですよね。

イラスト:毛根の仕組み

髪はまた生えてくる

では、いったん脱毛をすると、髪は永久に生えてこないのでしょうか?答えは「No!」です。
「そんなバカな」「まゆつばものだ」と疑いをもたれる方もいるでしょう。「それならノーベル賞が取れているじゃないか」と聞こえてきそうですが、単純に頭にふりかければ髪が生えてくる「毛はえ薬」があると言っているわけではありません。理論にかなった発毛プログラムを実行しましょう。

毛根は仮死状態にある

多くの人は、「脱毛=毛根が死んでしまった結果」だと考えているのではないでしょうか?実際は、「脱毛=毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり仮死状態」なのです。毛髪の素である毛母細胞を育てている毛乳頭は、血液から送られてきた栄養素を、毛母細胞に一番ふさわしい状態に加工して与えています。毛乳頭も毛母細胞も成長の過程で皮膚細胞が変化してできるものです。

毛乳頭の活性が鍵!

この毛乳頭が活力を取り戻して活動を開始することが鍵です。だんだんと力強い健康な髪へと成長していき、毛乳頭が正常に戻れる様、正しいケアをしましょう。

Let's Challenge !

これは机上の空論ではなく、実際に私どもリーブ21が発毛施術を通して得た経験です。「どうせ無理だろう」と行動を起こす前に諦めるのではなく、ぜひ一度チャレンジしてください。
※発毛には個人差があります

  • 前のコラムへ
  • 次のコラムへ

PAGE TOP