リーブ21 第7回発毛日本一コンテスト
大会コンセプト
コンテスト概要
過去大会のハイライト
コンテストレポート
舞台裏レポート
サービス体験
コンテストレポート
第7回発毛日本一コンテストのレポートをお届けします!
春麗らかな日差しの下で
発毛日本一コンテストは「脱毛に悩む方に、髪はまた生えてくるという事実と発毛の喜びを伝える」ことをコンセプトに、毎年開催している、リーブ21の年間最大行事です。今年で7回目を迎えました。
北は北海道から、南は沖縄まで全国108のオペレーションセンターから過去最多の470名が応募。事前審査を通過した57名の出場者たちが2007年4月9日、一同に会し、それぞれの発毛効果を披露していただきました。
審査員は元大阪市立大学教授、健幸教育研究所の羽間鋭雄所長、杏林予防医学研究所の山田豊文所長、作家の筒井康隆さん、早稲田大の大槻義彦名誉教授、歌手の瀬川瑛子さん、前回優勝者の段稀成さん、リーブ21相談役・朝井の7人。今回も豪華な審査員をお迎えし、これ以上ないというほどの盛大な演出の中行われました。
開演 一次審査
毛髪をどれだけ取り戻したかが審査対象となる一次審査では、脱毛の悩みを、発毛の喜びに変えた57名が、その喜びを全身で表現!!
家族の人形、ハンカチなど小道具を用いてPRする方や、O.Cスタッフのことばに合わせてパフォーマンスをする方などがステージの上に次々と登場し会場を盛り上げます。満面の笑みで新しい自分を表現する出場者の皆さん。時には涙を流す出場者やスタッフも。パートナーである担当オペレーターと共に苦楽を共にした結果が、そこに花開いていました。
最終審査
一次審査で選ばれた12名が最終審査に進みました。最終審査は、髪が生えた喜びと感動をそれぞれのエピソードを交えて披露するエモーショナル審査により行われます。「今では自分に自信がもてることができたけど、脱毛・薄毛に悩んでた頃は大変だった」という自らの奮闘を熱く、また笑顔で話す姿が印象的でした。中には発毛を期に結婚を決断された方も。
また、審査では、ご本人のお話だけでなく、家族や友人の皆様からのメッセージが公開され、発毛の喜びが一人のものではなく、周りの方も大きな影響を受け、ともに喜んでおられる様子が伝わってきました。
トークショー
最終審査の結果を待ちわびる間、リーブ21イメージキャラクターの和田アキ子さんが登場!長年のパートナーである司会の峰竜太さんとの絶妙の掛け合いで会場は笑いの渦に。島田紳助さんもビデオ出演。審査は一時休戦に。また、本年で3回目を迎える発毛川柳の選考が行われ、栄えある大賞にはコロさんの
「負けられない 妻はエステで 僕リーブ」
が選ばれました。
結果発表からエンディングまで
最終審査に出場した12名がステージ上に勢ぞろいし、発表を待ちます。トークショーから一転して、緊張感あふれるコンテストの結果発表となりました。どの方も甲乙つけがたく、厳しい審査となったようです。
そしてついに第7回発毛日本一コンテスト優勝者名が会場内に響き渡りました!栄冠に輝いたのは岐阜オペレーションセンターから出場した中坪淳さん(33)!!前頭部から後頭部への難易度の高い脱毛を発毛!賞金300万円と和田アキ子さんから花束が贈られました。
「今まで被っていた帽子を脱ぎ、様々なヘアースタイルで日々を楽しみたい」という中坪さん。照れくさそうに、はにかんだ姿はとても印象深く、控えめな方でしたが、喜びと嬉しさがにじみ出ていました。おめでとうございます。
優勝(賞金300万円) 中坪 淳さん(33歳・岐阜O.C)
2位(賞金100万円) 佐藤 舞さん(33歳・京都駅前O.C)
3位(賞金50万円) 松岡敏生さん(39歳・天神O.C)
4位(賞金30万円) 吉川 光さん(27歳・天神O.C)
5位(賞金25万円) 吉川譲二さん(47歳・柏西口O.C)
リーブ21賞 志村 博さん(56歳・広島O.C)
社長賞 上重 良さん(29歳・岡山O.C)
パピラ賞 中村紀代子さん(67歳・柏西口O.C)
審査員特別賞 佐藤広人さん(28歳・仙台O.C)
生えてくるで賞 早坂 凛さん(17歳・青森O.C)
発毛日本一コンテスト出場者は、株式会社毛髪クリニックリーブ21の全国の有志の会員様から選出されています。
PAGE TOP
(c) 2007 Reve21, All Rights Reserved.
第7回 発毛日本一コンテスト リーブ21 Good Days for Your Life