「言うは易し行なうは難し」という言葉がぴったりな心得です。完璧に実践できている社員はいないかもしれません。「人生に目的を持つ」と言葉にすると簡単ですが、非常に難しいことです。
自分の人生と常に向き合って、さまざまな事柄に“気付き”ながら、じっくり考えなければなりません。しかも明確な答えはなく、日が経つと変化していくかもしれません。しかしながら、まさにその思考作業が重要なのです。常に自分の人生と向き合いながら、目的を持って生活することで、目先の楽しみに流されない充実した日々を送ることができると考えています。
PREV NEXT
INDEX
心得【その1】元気なあいさつをする
心得【その2】風通しの良いコミュニケーションを取る
心得【その3】会社を理解して自分に“気付く”
心得【その4】トイレそうじで自分を見つめる
心得【その5】ちょいと面倒なことをする
心得【その6】生活習慣を改善する
心得【その7】人生に目的を持ち、楽しみに流されない
CLOSE