リーブ21では、新入社員研修を行っています。これは社会人としての常識はもちろん、リーブ21という会社を理解するために実施しています。一口に会社を理解すると言っても意味合いは広範囲に広がります。会社の存在意義やビジョン・理念などはもちろん、社員一人ひとりが自覚を持ってしっかりとしたスタンスで仕事に励めるよう、つまりリーブ21という会社での自分の存在意義をしっかりと見出せるように教育します。
自分は、リーブ21という船の舵を握る一人なのだということを“気付く”ことが目的です。その後、配属後のそれぞれの持ち場でOJT(職場内訓練)を行います。日常業務を進めている現場では、予測していなかったさまざまな状況が訪れます。しかし、リーブ21の舵を握る一人だという意識のもとに、周りの社員と協力しながら一丸となってさまざまな困難を乗り越えることができるのです。
PREV NEXT
INDEX
心得【その1】元気なあいさつをする
心得【その2】風通しの良いコミュニケーションを取る
心得【その3】会社を理解して自分に“気付く”
心得【その4】トイレそうじで自分を見つめる
心得【その5】ちょいと面倒なことをする
心得【その6】生活習慣を改善する
心得【その7】人生に目的を持ち、楽しみに流されない
CLOSE